コストから考える中古車所有のメリット

このサイトでは、中古車を焦点に、車所有のコストについてお話しています。

コストから考える中古車所有のメリット

コストから見る中古車所有

日本車と言えば、今では世界でもブランドの一種です。
新車でも中古車でも、非常に人気があり、日本車メーカーは、世界でも非常に有名な企業となっています。
自動車産業が日本経済を牽引し、現代日本を象徴するような立場にあることも、事実でしょう。
けれども、日本は、車の生産ばかりでなく、車販売市場も巨大であると言われています。
中国市場が登場するまでは、日本は世界第三位の市場であり、アメリカ、EUに次ぐ規模でした。
もちろん、中国に追い抜かれたとはいえ、今でも世界から見れば、巨大市場であることに変わりはありません。
日々自動車が生産され、そうして、市場に出回っています。
とりわけ、中古車市場は、規模も大きく、国内のみならず、海外にまで伸張し、その大きさを物語っています。
しかし、車を持つということは、それなりのお金が必要です。
通常の物のように買って終わり、という訳ではありません。
日本の税制上では、車は不動産と似たようなものです。
つまり、贅沢品の一種であり、特別の税金などが課されます。
また、車所有者は、必ず保険に加入することになります。
これは、車が便利な道具であると同時に、危険性のある乗り物でもあるため、被害者保護の観点から取られたものです。
法定事項であり、車所有者の義務となっています。
けれども、強制保険では限度があるため、任意保険への加入が大切です。
そうすることで、いざという時のために安心感をもたらしてくれます。
さらに、車を持つのであれば、車の保管場所を確保しなければなりません。
仮にそれがなければ、車を持つこともできず、運転すら許されません。
路上に止め続けていれば、違法駐車となり、法律により罰せられます。
あるいは、車の危険性をなるべく早く察知するため、定期的な点検が課されています。
これもまた、車を所有することのコストであり、結構なお金が掛かってしまうこともあります。
このように、車を持つということは、それだけお金が掛かります。
新車であろうと、中古車であろうと変わりはありません。
このサイトでは、こういうコスト負担の観点から中古車にスポットを当てています。
一体、どのようなお金が掛かるのでしょうか?
ここでの記述によって、何らかのご理解が得られれば、幸いです。


Copyright(c) 2014 コストから考える中古車所有のメリット All Rights Reserved.